■2017年2月度・3月度 会社説明会開催日公開

■ステラ必勝法

 1)資格を取得したり、様々な経営ノウハウを吸収して頂くため、一般的な会社の退職という概念は、ステラにはあまりありません。
もちろんライフプランを共に作り上げていくので、自分のリタイアの時期を自分自身で決めることが出来ます。
ただし、税理士の先生で例を挙げますと、83歳で亡くなる直前まで仕事をしていた方もおります。経営者の方で75歳を過ぎても現役の方もおります。そのため生涯を通じて安定した高収入が望めます。

 2)資格なしで、比較的安定した高収入を得るノウハウをお伝えします。
①入社してから一定期間後、希望者は新会社の役員になることが可能です。
 何人かの社員で組んで新会社を作るのです。
 よく新会社の仕事について質問されますので、ここでお答えします。
 ステラ及び、グループ会社で成功している事業を分業します。
 クライアントの中で、事業承継で悩まれている方の事業を承継します。
 そのお客様の基盤を受け継ぐのでリスクは低くなります。
 新規事業を構築するため、新会社を設立することもあります。

②それから数年後
 ステラで年収300~400万を受け取りながら、役員をしている会社の報酬を査定します。
 新会社が順調ならば、ステラで受け取る給料以外に200~300万円を報酬として受け取ることが可能です。
 新会社が好調ならば、給料以外に300~500万円を受領できます。
 では新会社が大成功したときは?
 想像して下さい。
 ただし、2社を切り盛りしているので、仕事としては一般社員以上の時間と労力を使います。

③それから数年後
 本人のご希望により、さらに会社を作ることも可能です。
 また、810万円の給与収入になっている方は、270万円まで不動産目的ローンが組めます。
 600万円の給与収入の方は200万円までです。
 それらを使用して本人の居住用住宅や、店舗付き居住用住宅、アパートなどを購入して頂きます。
 仮に東武線沿いの6部屋ある中古アパートを買うとしましょう。
 価格は1000万円です。
 家賃は5万円だとすると、不動産収入としてあなたに入る金額は年間360万円です。
 諸費用を考慮せずに申しますと、元本は3年で回収できます。
 それ以降は、あなたの不労所得となります。
 「入居率はどうなのか」という質問ですね?
 ステラでは入居率をほぼ90~100%にするノウハウを持っております。
 独立した会社の中には不動産会社もあるのです。

④最終目的
 ステラ、2番目の会社、3番目の会社、不動産収入、株式による配当収入により、
 あなたの人生における収入リスクを低減します。
 最初の数年は努力が必要です。
 その後は忍耐強く継続して頂けるならば、あなたの将来の生活のゆとり、時間のゆとりは確保されます。
 そのゆとりによる精神的な豊かさや家庭の豊かさも生まれるでしょう。
 国庫に対しても税金を様々な形で納めるので、社会的地位の向上も見受けられます。
 世の中に対して、間接的な社会貢献をしているという自信も生まれてきます。

 3)休日を大切にした、ゆったりとしたライフプランもご用意できます。
また、自分の趣味を生かした起業方法もあります。