■ブログ


エリカさんの投稿

2019年5月7日

Le Couple(ル・クープル)レポート

 

 

 

 

今回、千葉県柏市に佇む、Le Couple(ル・クープル)という

フランス料理店にお邪魔させて頂いた。

ここは、柏駅から徒歩7分くらいの場所にあり、

アクセスも良好だ。

 

「気軽に本格フレンチが楽しめる店、ル・クープル」と

ホームページ上で謳っている通り、

夫婦や、友達同士でも、通いやすく、

気軽に訪れたくなるお店である。

 

シェフは、「料理の鉄人」や「チューボーですよ」に

何度も出演している有名な、佐々木清恭氏である。

 

1999年に、地元である柏市に、ルクープルを開店させた。

 

 

 

今回は、ディナーの特別メニューを用意して頂き、

食事をさせて頂いた。

 

 

 

★料理

 今回は、キャビアなどを含んだ、

最高級のオリジナルメニューをシェフにご用意頂き、

料理を楽しんだ。

 

一品目は、「キャビアの一皿」である。

 

私は、生まれてこのかた、

キャビアというものを食べたことが無く、

チョウザメの卵だなという知識しか無かった。

 

いざ、小さな入れ物に入っているキャビアを、

スプーンですくい、一口食べてみた。

 

世界三大珍味の一つでもあるキャビア。

 

内心、食べる前は本当に美味しいのだろうかと、

疑っていたのだが、そういったことは全くなく、

まろやかでとても美味しい。

 

思っていたよりも食べやすく、

クリーミーな味わいであった。

 

 

二品目は、「牡蠣のスモーク」だ。

 

牡蠣のスモークは、大きな牡蠣を燻製して作る為、

味わい深い仕上がりになっている。

 

クリーミーな牡蠣を食べたことはあるが、

燻製の牡蠣は人生で初めて食べる味で、

何回も食べたくなるそういった味であった。

 

 

三品目は、「菜の花を添えた真鯛のスモーク」だ。

 

これは、この真鯛に合ったソースが掛けられており、

とても美味しく驚いたが、

もっと驚いたのが、菜の花である。

 

菜の花は、ほろ苦いイメージがあったが、

ここの菜の花は、ほのかに甘みがあり、

真鯛との調和が取れた素晴らしい一品であった。

 

 

四品目は、「フォアグラと鶏胸肉の赤ワインソース掛け」だ。

赤ワインを掛けたお肉は、

とても風味が豊かで大人な味わいである。

 

トリュフは、この赤ワインソースとの相性が良く、

肝が苦手な私でも、美味しく感じた。

 

 

五品目は、「お口休めのグラニテ」

 

グラニテとは、シャーベットのことであり、

甘みが少なく、より味わいも薄めで、

あ口休めにはぴったりであった。

 

 

六品目は、「三種のチーズとレーズンを添えたパン」だ。

 

チーズは、カマンベールチーズ、ミモレット、リヴァロである。

 

チーズが沢山出てきて、素人の私には驚きを隠せなかったが、

フランス人にとってチーズは、

日本人でいうお漬物やお味噌汁の感覚であり、おつまみではない。

 

なので、食事→チーズ→デザートという順番が当たり前なのである。

 

チーズを主食として食べた味わいは、

とてもクリーミーで、

何個でも食べたくなる味である。

 

また、レーズンパンとの相性も良く、

チーズ好きの私にはたまらないものであった。

 

 

最後は、デザートとして、

私は「トマトを添えたアイスクリームのゼリー寄せ」を選んだ。

理由は、トマトが好きだからというごく単純な理由だが、

このトマトには酸味もなく、

トマト嫌いな人でも、必ず食べられる味である。

 

また、甘すぎないアイスクリームが、

体にも良い気がして、

老若男女問わず食べて頂きたいものであった。

 

 

★まとめ

ルクープル柏店は、

「気軽に本格フレンチが楽しめる店」として謳っている通り、

本格的なフランス料理を、

こうやってお手軽に食べられたのは、

とても幸せであった。

 

柏市の食べログランキングは、2位であり、

フランス料理に絞ったらもちろん1位のお店である。

 

味に間違いは無いので、

是非一度は行って頂きたいフランス料理店である。