■2012年10月 大阪、四国研修旅行 レポート.2

日本財務管理学会 第 35 回秋季全国大会 研修旅行レポート

旅行日程:2012 年 10 月 11 日(木)~21 日(日) 学会日程:2012 年 10 月 13 日(土)
目的地:伊勢神宮、花の窟神社、熊野速玉大社、熊野那智大社、出雲、四国 学会開催地:近畿大学
学会テーマ:『グローバル競争下での企業価値評価』
日本財務管理学会 はじめて、学会というものに参加した。 今回のテーマは、『グローバル競争下での企業価値評価』
というもので、正直、難しいものだった。3名の先生方が、それぞれテーマに則した内容の講演を行ったが、
はじめて聞く 用語も多く、自身の不勉強を実感させられた。その中で感じたことは、これから自分が経理の仕事を
していく中で、こういった経営や経済について学ぶことは無駄じゃない。むしろ生きてくるということだ。こういった
ことを知っているか、理解しているかで、自身の仕事へのスタンスが変わってくると思う。ましてや 中小企業の
従業員ならば、なおさら勉強しておくべきなのだろう。その後の懇親会では、学会員の教授方とお話をさせて頂く
機会があったが、どの方も未熟な私に親切丁寧に話してくださり、「今後の学会は君たちのような若い人に期待し
ている。」とおっしゃられた。今後、参加する機会があるかはわからないが、これから少しずつでも勉強して
いこうと思う。
伊勢神宮 外宮の御祭神は豊受大御神(とようけおおみかみ)で、食物を司る神で、そこから産業の守護神として
崇められている。我社が、ますます発展していくように願いを込めて参拝した。 また、内宮では20年に1度の遷宮
(神社の正殿を造営・修理する際や、 正殿を新たに 建てた場合に、御神体を遷すこと)が来年に行われるそうで、
建て替え中の正殿は圧巻であり、それを造っていく宮大工の技術に感動した。
熊野那智大社、熊野速玉大社、花窟神社 熊野三山のうちの2つ、熊野那智大社、熊野速玉大社とそれに関連する
花窟神社への参拝。神仏習合により、国を創ったとされる神や、仏を祀っている社であり、熊野詣でも有名。
厳かな空間の中で、神仏の空気を感じられた気がした。滅多に来ることのない場所に来て、より一層の精進が必要
だと、改めて身に染みた。